記念碑

昭和7年水害の記念碑が草に埋もれていたのを、地元の方が草刈りをされ、綺麗になっていました。その方に聞いてみると災害は忘れたころにやってくるとの例えがあり、作木は47災害があってすでに40年、58災害から29年の時が経過、今一度気を引き締めるために草刈りをしたとのことで、有り難いことです。誰もがその気持ちになり災害に対する備えをしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です