ブッポウソウがやって来ました

GWくらいから作木町内の各地でブッポウソウの姿が見られるようになりました。
「ゲッゲッ」という賑やかな鳴き声が、田植えシーズン真っ盛りの里山に響いています。
(カヌー公園の近辺ではほとんど見られません。残念・・・)

瑠璃色の翼でくちばしと足が赤い美しい鳥ですが、青空をバックに飛んでいるとどうしても暗く見えるので、一見カラスなどと区別が付かないかもしれません。
しかし翼に白い斑点があるので、他の鳥とすぐに判別できると思います。
だいたい5月初旬から、9月初旬くらいまで観察できます。

ブッポウソウは警戒心の強い鳥なので、巣箱に近づき過ぎての観察や同じ場所に留まっての長時間の観察は、子育ての放棄につながりますのでおやめください。
じっくりと観察や撮影を行いたい方は、JR三江線の伊賀和志駅近くにある観察小屋を活用してください。

ゴミを捨てない、田畑やあぜ道に無断で入らない(私有地です)、迷惑な駐車をしない、などの基本的なマナーを守って、皆でこの「森の宝石」の美しい姿を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です