冬の作木で餅つきしめ縄体験ツアー

ここ数日、作木町は雪のちらつく日が続きました。そんな冬模様の中、三江線を利用したツアーが開催されました。
三江線で香淀駅までの列車旅の後、まずは餅つき体験としめ縄作り体験でした。
石臼を使っての餅つきは最初は慣れない手つきでしたが、慣れてくるとリズミカルな音を響かせ、柔らかくて美味しそうな餅が出来上がりました。
しめ縄作りの方はほとんどの方が未経験のようでしたが、地元の方の丁寧な指導の元、見事なしめ縄が完成しました。

川の駅常清での昼食の後は作木町を後にされ、三次町の専法寺へとバスは向かって行きました。元広島カープの梵選手の実兄である副住職からどんな話が聞けたのでしょうか。今回私は同行しなかったのですが、ちょっと気になるところです。
さて、ものすごく今さらなんですが、しめ縄を作るという事はもう少しで今年も終わりなんですね。本当に一年は早いものです。

 

「冬の作木で餅つきしめ縄体験ツアー」への2件のフィードバック

  1. ネジネジして作るしめ縄、杵を降り下ろし、お持ちを丸めるのも初めての経験。また帰宅後に頂いた、お餅がもつちりと柔らかく美味しかった~一人で参加しましたが凄く楽しめました。お世話になり有り難うございました。また、お餅が食べたいですね

    1. >植永様
      しめ縄を作る作業は妙に癖になるというか、夢中になってしまいますね。
      お餅は実は我々もお土産に貰いました。柔らかくて大好評でした。
      寒い日でしたが、楽しんでいただいたようで何よりでした。またお越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です