7月5日からの豪雨によるカヌー公園の被害状況【更新あり】

とんでもない豪雨でした。
7月7日の朝はカヌー公園さくぎに至る道が通れず出勤できなかった為、報告と更新が遅れた事をまずお詫びいたします。
さてカヌー公園さくぎの増水状況ですが、最大で水位が通常よりも11m上がりました。参考までに、1m上がればカヌースクールが出来なくなり水のすべり台のプール状のマスが水没、3m50cm上がれば川のすぐそばのコンクリートの低水護岸域に水がかかり、5m上がれば一年に一度の増水、7m上がれば数年に一度の大増水、というレベルです。

一番被害が大きかったのは最も上流側に位置するオートキャンプ場で、流木の漂着、電源の喪失、サイトの土砂の流失などがひどく、当分の間ご利用は出来ません。オートキャンプ場が冠水したのは、2002年のオープン以来初めての出来事で、まさに数十年に一度の大雨だったようです。
キャンプ場のご予約をいただいていた方には順に断りの連絡を差し上げますが、ひとまずこの場で報告だけしておきます。

水のすべり台を含む水遊びゾーンは土砂の流入がひどく、こちらもしばらく使えそうにありません。
これからいよいよ夏休み期間に突入という前に痛恨の極みです。ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします。

敷地内の各施設の状況は下記の通りです。状況が変わればまた報告いたします。
◆管理棟・・・問題ありません。
◆コテージ・・・第1コテージ、第2コテージともに問題ありません。
◆入浴施設・・・問題ありません。
◆オートキャンプ場・・・上記の通り利用出来ません。
◆グループサイト・・・テーブル、イスが流失しました。水道と電源も利用出来ないのでサイトが利用できません。
【7/12追記:グループサイト内の水道と電源が復旧しました。まだテーブルとイスが無い状態ではありますが利用出来るようになりました。】
◆川の丘広場・・・流木の漂着により利用できません。
【7/12追記:川の丘広場の流木の撤去が完了しました。手すりの一部破損と地面に土砂が多少残っていますが、利用出来るようになりました】
◆水遊びゾーン・・・浅いプール状の場所、水のすべり台ともに利用できません。
【7/16追記:水遊びゾーンが復旧しました。今まで通りご利用出来ます。ただし、すぐ近くにあるオートキャンプ場のトイレはまだ復旧していませんので、お手数ですがトイレは管理棟の物をご利用下さい】
カヌー・・・水位が下がればおそらく可能ですが、乗り降りする場所が今まで通り利用できるかはわかりません。
【7/12追記:通常の水位まで下がり、カヌーを乗り降りする場所も確保できましたので今まで通り可能です。団体様のキャンセルにより空きが出来ていますのでご連絡ください】
◆沢歩き・・・開催場所の熊見川には問題ありませんでしたので、予定通り行う事が出来ます。
◆薪(たきぎ・まき)・・・1巻き400円で販売していましたが、冠水により保管していた薪が流失した為、販売出来ません。炭は管理棟で販売しています(1kg/300円)。
◆道路状況・・・川沿いの旧道などの細い道で部分的に通行止めはありますが、三次市街地から国道54号線経由でのルートは問題なく通行出来ます。三次市街地から国道375号線での江の川沿いのルートは成瀬の堰堤付近で通行止めがあります。
【7/13追記:三次市街地から国道375号線が通れるようになりました。川に近い旧道では一部通行止めがありますが、付近の幹線道路での交通規制はなくなりました】




 

「7月5日からの豪雨によるカヌー公園の被害状況【更新あり】」への2件のフィードバック

  1. 復旧までには1ヶ月近くかかりますか?7月30.31日オートキャンプ場を予約しております。やはり難しいでしょうか?

    1. >山根様
      行政の方に現状報告と復旧の要望を出したばかりで、まだまったく目処は立っておりません。
      7月末だとまだ何とも言えません。また何か状況が変わりましたらホームページの方で報告いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です