11月15日の大イチョウの様子

11月15日(金)の、香淀迦具神社の大イチョウの様子です。(カヌー公園さくぎから約3km)
日のよく当たるところから順に色付いてきてはいますが、ピークはまだ先ですね。
全体が色付いて落ちた葉が黄色い絨毯のようになるのは、だいたい11月20日を少し過ぎたくらいになるかと思います。

なお、カヌー公園さくぎの近くにある通称「双子イチョウ」は、香淀迦具神社の大イチョウよりも例年1週間くらい色付きが遅いです。
4枚目の写真の右下にあるこんもりした木です。江の川沿いの周囲の山々は綺麗に色付いていますが、こちらもまだまだ緑ですね。
【11/17追記:大イチョウがある香淀迦具神社の境内で、ぜんざいの販売とお茶の振る舞いを地元の方がされています。どうぞご利用下さい】




11月9日の大イチョウの様子

香淀迦具神社の大イチョウについて問い合わせが増えてきました。
作木町近辺で目に付く普通のイチョウは完全に黄色になっている木が多いですが、大イチョウはまだ緑から黄緑に変わってきたくらいです。32mを超えるてっぺんだけが黄色になりつつある程度です。
写真は11月9日朝のものです。色は緑ですがやはり大きさに圧倒されますね。
だいたい例年11月20日くらいに色付きのピークを迎えますが、地元の人によると今年は少し遅いかもしれないとの事です。