江の川の本流での遊泳はご遠慮ください

江の川の本流には言うまでもなく流れがあり、急に深くなる場所もあり危険なため、遊泳はご遠慮ください。

現在、江の川の水位が極端に低く、本来は江の川の本流であり通常の水位であればカヌースクールを行なう水域が、歩けるほど浅くなっています。
この場所ならば現在は浅いので遊泳は可ですが、その先にある流れのある側での遊泳はご遠慮ください。

川での遊泳について、当施設の公式サイトにある「よくある質問」から引用しますので、ご覧ください。
Q:川で泳いでもいいですか?
A:江の川の本流での遊泳は大変危険なので、ご遠慮ください。
浅い場所でも急に深くなって足が着かなくなったり、流れが緩やかに見える場所でも思った以上に流れが強くてあっという間に流されたりと、命に関わる危険があちこちに潜んでいます。特にお風呂やプールしか知らないお子様にとっては、自然の川の流れは未知の存在であり簡単に致命的な状況になります。
海水浴場での死亡事故では、「離岸流」という岸から沖へと川のように人を押し流す潮の流れが原因となる事はよく知られていますが、江の川は言うまでもなく「川」そのものです(しかも中国地方一の大河です)。
自然の沢の流れを利用した水遊びゾーン(無料)がありますので、川遊びはこちらの方で安全に楽しんでください。よろしくお願いします。 詳しくはこちらをご覧ください。

作木の夜空に花火が上がりました

「江の川夏まつりinさくぎ プチ花火大会」が、8月6日(土)にカヌー公園さくぎを会場にして行われました。
新型コロナウイルスの流行以降、この形式で夏まつりを行なうようになってから早くも3回目の開催となり、地元の方にもすっかりお馴染みのイベントとなってきました。

感染症対策をしっかり行いつつ、今年は管理棟内のレストランの営業を延長しての軽食の提供や、簡単な来場者参加型ゲーム、江の川の魚のパネル展示も行われました。日中には三次市体育協会作木支部様によるカヌー体験の無料参加枠も設け、花火以外でも楽しんでいただける内容となっていたかと思います。
ご来場の皆様にとって、作木町での素敵な夏の思い出となっていれば幸いです。


わんぱくカヌー体験、無事に終了しました

TSS(テレビ新広島)主催の、「わんぱくカヌー体験」が無事に終了しました。
今年も宿泊は無しで、7月30日(土)、7月31日(日)の日帰りを2日という形で、しっかりとコロナ対策を行なった上で開催されました。

カヌーの練習をはじめ、水のすべり台や食事作り体験など、充実したわんぱくな2日間を体験してもらえたと思います。最後のカヌーツーリングもしっかり完漕でき、参加者全員が笑顔で帰路に着いたようです。
新型コロナウイルスの状況がなかなか落ち着かず、窮屈な夏休みを送っていた子供達にとって、最高の夏の思い出になった事でしょう。

テレビでの放送についてですが、今年はかなり遅くなるようです。(年内には無いかもしれません)
詳しい事が決まればまたお伝えします。