「2020年度 四季のさくぎフォトコンテスト」入賞作品発表

作木町観光協会主催の「2020年度 四季のさくぎフォトコンテスト」の入賞作品と入賞者を発表します。(敬称略)

★最優秀賞(1点)★
「ねがい花火」  菅 昭和(三次市)

★優秀賞(3点)★
「銀杏の絨毯」  原田 浩二(三次市)
「殿敷満天の空」  末岡 一登(広島市)
「巣立ち」  谷水 毅(竹原市)

★入選(10点)★
「秋の滝」  石田 克志(三次市)
「彼岸花が咲く道」  播 美知子(広島市)
「魅せられて」  橋本 邦子(広島市)
「オートキャンプ場の朝」  藤原 敏明(三原市)
「清流の鮎釣り」  吉田 一志(広島市)
「いちょうの神社」  石田 祥枝(三次市)
「楽園」  神原 初恵(福山市)
「親子でドボン!」  福田 隆史(広島市)
「雪の常清滝」  秋山 保(三次市)
「霧の海’2020」  神田 肇(三次市)

どの作品もそれぞれに魅力があり、作品の前で審査委員一同頭を悩ませましたが、上記のように入賞作品が決定いたしました。(審査内容の詳細についてはお答えできません。ご了承ください)
入賞作品の画像データが入賞者から事務局に届き次第、随時ネット上でも入賞作品を公開していく予定です。もう少々お待ちください。

さて今回の応募作品は、新型コロナウイルスの影響でイベントがほとんど中止になったり外出する人が減ったせいなのか、人物が被写体になった物は少なく、ほとんどが自然の風景を捉えた作品でした。
そんな中で最優秀賞に輝いた「ねがい花火」は、新型コロナウイルスの終息を願って出店などは一切無しで行なわれた花火打ち上げの様子を撮影したものでした。作品には写っていませんが、色とりどりの花火を見上げている皆が新型コロナウイルスの一刻も早い終息を願っていた事でしょう。作品自体の素晴らしさだけでなく、そういった背景も審査員の票を集めたのかもしれません。

優秀賞には、ツーリングの途中に立ち寄ったカヌー公園近くの、双子イチョウの落葉と愛車を立体的な構図で収めた「銀杏の絨毯」、晩秋の澄んだ夜空に満天の星がきらめき、その下に佇む殿敷の静謐さが際立つ「殿敷満天の空」、巣立ちの時を迎えたブッポウソウの子が、親鳥に誘導されながら飛翔している姿を切り取った「巣立ち」、の3作品が入賞しました。
ちなみに今年は珍しく香淀迦具神社の香淀の大イチョウを題材にした作品は入賞せず、これ以外の2箇所のイチョウを撮影した作品が入賞しました。応募作品の題材としてはアサギマダラが一番多く、作木町の豊かな自然の一つとしてここ数年でグンと認知度が上がったようです。
なお今回はコロナ禍の影響か、応募作品数は例年より少なめの39点でした。ご応募ありがとうございました。

これらの入賞作品は2月上旬くらいから川の駅常清(現在10:00~16:00に時間短縮して営業/水曜定休)で展示し、その後3月1日から3月31日まで江の川カヌー公園さくぎ(8:30~18:00/火曜定休)で展示する予定です。 是非足を運んでご鑑賞ください。(マスクの着用をお願いします)

さてまた来年も同様のフォトコンテストを行う予定です。
作品募集の告知は10月くらいからの予定ですが、作品の撮影時期は問わないコンテストですので、四季それぞれ魅力がある自然豊かな作木町へと、いつでも足をお運びいただいて撮影をお楽しみください。
心よりお待ちしております。

岡崎七星くんに密着した番組が放送されます【1/16放送】

カヌー公園さくぎでもインストラクターとして勤務している、岡崎七星くんに密着した番組「わんぱく大作戦スペシャル わんぱくSPIRITS 夢に向かって」 が放送されます。
岡崎くんはフリースタイルカヤックという、激流の中にあるウェーブやホールと呼ばれる部分に漕ぎ入れて、その中でアクロバティックな技を何度も行いポイントを競うという競技で、世界を舞台に活躍している16歳の選手です。
小さいころからカヌーに親しみ、姉の遥海さんと共に姉弟で活躍しています。2人の紹介と応援ページはこちら

番組放送は、TSS(テレビ新広島)で、1月16日(土)の朝10:30からです。
激流の中で次々と繰り出す驚きの技だけでも必見ですが、夢に向かって行く16歳の少年(青年?)のひたむきな姿も皆さんぜひご覧ください!



今日の雪の様子【1/11(月祝)】(最終回)

まだ少し降っていますが、すっかり落ち着いて平穏な雪景色に包まれています。
これだけ降った後だと山々の光景が壮観ですね。支流の熊見川が江の川に流れ込む辺りの静水域には、うっすら氷が張った上に雪が積もって不思議な光景が出来ています。
今日も朝から除雪作業でしたが、アスファルトが見える所も増えてきました。
まだ夜には降る予報ですが、そこまでの量ではないでしょう。

絶好の雪遊びのコンディションになっているので、子供達はスノーウェアに身を包み、かまくらを造ったりソリで遊んだり大はしゃぎのようです。普段なかなか雪に触れる機会がないのでしょうか、あちこちで盛大に滑りこけています(笑)。
我々も調子に乗って、管理棟入口にカヌー公園式雪だるまを作って設置し、人気の撮影スポットとなっています。

さて、1/7から連日お伝えしてきた「今日の雪の様子」は今日で終わりです。ありがとうございました。3連休でのカヌー公園利用者の参考になっていれば幸いです。

【追記】※速報※ 1/11 14:24
4日前の1/7の除雪作業中に紛失して、雪の下に埋もれていた岡本所長のスマホが発見されました。その後も降り続いた大雪に覆い隠されて生存は絶望的だと思われていましたが、まさかの無傷での奇跡の生還です。生存率が大きく下がると言われている、災害発生から72時間を超えての奇跡の救出劇に感動の涙が止まりません!



   

今日の雪の様子【1/10(日)】

いつまで続くのやら。よく降りますね。
しかし昨日に比べれば降り方がかなり穏やかになってきて時折晴れ間も見えます。峠は越えたようです。
管理棟では行き場をなくした小鳥が軒下に避難してきています。丸っこいやつがチョロチョロ動き回っている姿が愛らしいですね。

積雪は11:30現在で、まったく手つかずの場所は累積50cmを超えていますが、駐車場や通り道は除雪してあります。
同じ作木町内でも、少し山の中に入っていくと今回の大雪で積雪1mを超えている場所もかなりあるようなんですが、カヌー公園さくぎではこの程度で収まっています。
中国地方一の大河である江の川のそばにあるという事は、周辺の高い所から低い方へと水が流れてくる場所というわけで、標高は112mとそんなに高い場所ではなく近隣に比べれば実は降雪量は比較的少なめなのです。

さて、この数日で屋根に降り積もった雪が、気温が上がると共に一気に落ちてくる可能性があるので、軒下では雪ずりに十分ご注意ください。雪に慣れている地方の人は危険性をよく知っていますが、子供達が軒下で雪遊びをしているところなどに、上からいきなり何百kgもの塊が落ちてくる事がある可能性があります。お気を付けください。

今日から管理棟内のレストランも通常通り営業しているので、入浴施設「くまみ湯」も含め施設全体が通常通り営業しています。運転には十分ご注意ください。
ご来園の方はマスクの着用などの対応をお願いします。





今日の雪の様子【1/9(土)】

ず~っと降ってますね。
降っても降っても まだ降りやまぬ、という感じです。
山も野原も綿帽子をかぶって、枯れ木残らず花が咲いています。
積雪は11:00現在で、管理棟前の手つかずの場所で累積40cm程度ですが、駐車場や通り道はだいたい除雪してあります。(またすぐ積るんですが・・・)

昨日に引き続き職員は朝からせっせと除雪ですが、そんな中悲しい事件が発生していました。岡本所長が自分のスマホを紛失したのです。昨日の夕方に発覚して現在まだ発見されていません。おそらく除雪作業中に雪の中に落としたのでしょう。どこかの雪の下で寒さに打ち震えながら一夜を明かし、今も主を待ち続けているスマホの事を思うと涙も凍る思いです。どうか春が来る前に見つかりますように。

さて、今日も一日雪が降り続きそうです。
近隣の道路は除雪はされているものの、運転には細心の注意を払ってください。
なお、カヌー公園さくぎはどちらのルートから来ても到着直前にトンネルがあります。トンネル内ではついつい普通の速度で走ってしまいがちで、そのままの速度でトンネルを出ると大変危険です。十分ご注意ください。
なお、管理棟内のレストランは本日1/9まで休業させていただきます。お食事は約4km離れたところにある川の駅常清をご利用下さい。





今日の雪の様子【1/8(金)】

いや~降りましたね。
降っては降っては ずんずん積る、という感じです。
犬は駆け回っていませんが、職員は朝からずっと除雪作業に駆け回っていました。
朝10:30現在で積雪は管理棟前で25cm程度でしょうか。

今日はキャンプ場の利用があるので、電源のスイッチを入れるついでに軽トラで通路部分を何往復かしておきましたが、サイト自体にはまったく足を踏み入れていません。完全にまっさらの状態です。
バージンスノーでふっかふかのサイトを除雪するなんて野暮な事はしません。きっと最高の雪中キャンプが出来る事でしょう。もし除雪スコップが必要なら予備が何本かありますので、管理棟でお申し付けください。

さて、近隣の路面状態ですが、除雪はされているものの、やはりかなりの注意が必要です。視界も悪いので運転の際はスピードは出さず、橋の上やトンネルを抜けた後などは特に十分ご注意ください。
なお、管理棟内のレストランは明日1/9まで休業させていただきます。お食事は約4km離れたところにある川の駅常清をご利用下さい。



 

今日の雪の様子【1/7(木)】

昨日からちらほらと降っていた雪が、本日1/7は更に強まってきました。
時折、強烈な勢いで吹き付ける時もありましたが、16:30現在では小康状態です。
積雪は管理棟前で10cm程度です。
夜に向けてまだまだ降りそうですね。朝にはどのくらいになっているでしょうか。





2020年の仕事納めです

昨夜はザーッと雨が降りましたが、明け方には止んで今は穏やかな天気です。
さて、カヌー公園さくぎは今日で2020年の仕事納めです。
色々とあった1年でしたが、今年はとにかく新型コロナウイルスに振り回され続けた1年だった、と地球上の全ての人が思っているのではないでしょうか。今年ほど平穏である事のありがたみを感じた1年はなかったように思います。

カヌー公園さくぎでも、各種イベントはことごとく中止、4月下旬~5月下旬には約1カ月の休業もあり、その後の日々の対応も新型コロナウイルス対策を常に念頭に置きながらの毎日でした。
そんな中でも、昨今のキャンプ、アウトドアブームの影響もあって多くの方にご来園いただいたのは非常にありがたい事でした。特に自粛続きで窮屈な生活を送っていた子供達には、自然の中で羽を伸ばして喜んでもらえた事かと思います。

ご存知の通り、年末になっても第3波の真っ只中で、まだまだ予断を許さない感染拡大状況ですが、来年は落ち着きを取り戻した平穏な1年である事を望んで止みません。
今年1年ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

※ 新年は1月4日(月)から営業いたします。
敷地内の入浴施設「くまみ湯」も同じく1月4日から営業いたしますが、管理棟内のレストランは1月6日から営業いたします。

年末年始の営業について

カヌー公園さくぎと、約4km離れたところにある川の駅常清の、年末年始の営業日をお伝えします。

◆カヌー公園さくぎ◆(火曜定休)
年内は12月28日(月)まで、年始は1月4日(月)から営業いたします。
敷地内の入浴施設「くまみ湯」も、同じ日程で営業いたします。
ただし、管理棟内のレストランは、12月27日まで、年始は1月6日(水)から営業いたします。
【お知らせ】カヌー公園管理棟内のレストランを、1/7(木)~1/9(土)の期間、臨時休業とさせていただきます。お食事は約4km離れたところにある川の駅常清をご利用下さい。

※最終営業日の12月28日(月)も、コテージやキャンプの宿泊チェックインは出来ます。ただし、チェックアウト日の翌29日(火)は、管理棟の売店、レストラン、入浴施設など、全て営業しておりません。ご了承ください。
(お部屋の鍵や物品の返却については、チェックイン時にお伝えします)

◆川の駅常清◆(水曜定休)
土産物販売は年内は12月29日(火)まで、年始は1月5日(火)から営業いたします。
ただし、お食事は12月27日(日)まで、年始は1月7日(木)からの営業とさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

雪景色

カヌー公園さくぎでも初雪が降りました。
12/14から本日12/16まで降ったり止んだりを繰り返しています。明日もまだ降りそうな感じですね。

ここ2年、ほとんど雪が降らない冬が続いていたので、久しぶりに雪景色を見たような気がします。
カヌー公園近辺ではそこまでは積もってはおらず路面状態は問題ないですが、橋の上や山の陰では雪が残っている箇所もあるので運転には十分お気を付けください。