「2020年度 四季のさくぎフォトコンテスト」入賞作品発表

作木町観光協会主催の「2020年度 四季のさくぎフォトコンテスト」の入賞作品と入賞者を発表します。(敬称略)

★最優秀賞(1点)★
「ねがい花火」  菅 昭和(三次市)

★優秀賞(3点)★
「銀杏の絨毯」  原田 浩二(三次市)
「殿敷満天の空」  末岡 一登(広島市)
「巣立ち」  谷水 毅(竹原市)

★入選(10点)★
「秋の滝」  石田 克志(三次市)
「彼岸花が咲く道」  播 美知子(広島市)
「魅せられて」  橋本 邦子(広島市)
「オートキャンプ場の朝」  藤原 敏明(三原市)
「清流の鮎釣り」  吉田 一志(広島市)
「いちょうの神社」  石田 祥枝(三次市)
「楽園」  神原 初恵(福山市)
「親子でドボン!」  福田 隆史(広島市)
「雪の常清滝」  秋山 保(三次市)
「霧の海’2020」  神田 肇(三次市)

どの作品もそれぞれに魅力があり、作品の前で審査委員一同頭を悩ませましたが、上記のように入賞作品が決定いたしました。(審査内容の詳細についてはお答えできません。ご了承ください)
入賞作品の画像データが入賞者から事務局に届き次第、随時ネット上でも入賞作品を公開していく予定です。もう少々お待ちください。(1/27追記:事務局にデータが到着した入賞作品をこちらで公開しています。どうぞご覧ください)

さて今回の応募作品は、新型コロナウイルスの影響でイベントがほとんど中止になったり外出する人が減ったせいなのか、人物が被写体になった物は少なく、ほとんどが自然の風景を捉えた作品でした。
そんな中で最優秀賞に輝いた「ねがい花火」は、新型コロナウイルスの終息を願って出店などは一切無しで行なわれた花火打ち上げの様子を撮影したものでした。作品には写っていませんが、色とりどりの花火を見上げている皆が新型コロナウイルスの一刻も早い終息を願っていた事でしょう。作品自体の素晴らしさだけでなく、そういった背景も審査員の票を集めたのかもしれません。

優秀賞には、ツーリングの途中に立ち寄ったカヌー公園近くの、双子イチョウの落葉と愛車を立体的な構図で収めた「銀杏の絨毯」、晩秋の澄んだ夜空に満天の星がきらめき、その下に佇む殿敷の静謐さが際立つ「殿敷満天の空」、巣立ちの時を迎えたブッポウソウの子が、親鳥に誘導されながら飛翔している姿を切り取った「巣立ち」、の3作品が入賞しました。
ちなみに今年は珍しく香淀迦具神社の香淀の大イチョウを題材にした作品は入賞せず、これ以外の2箇所のイチョウを撮影した作品が入賞しました。応募作品の題材としてはアサギマダラが一番多く、作木町の豊かな自然の一つとしてここ数年でグンと認知度が上がったようです。
なお今回はコロナ禍の影響か、応募作品数は例年より少なめの39点でした。ご応募ありがとうございました。

これらの入賞作品は2021年2月上旬くらいから川の駅常清(現在10:00~16:00に時間短縮して営業/水曜定休)で展示し、その後3月1日から3月31日まで江の川カヌー公園さくぎ(8:30~18:00/火曜定休)で展示する予定です。 是非足を運んでご鑑賞ください。(マスクの着用をお願いします)

さてまた来年も同様のフォトコンテストを行う予定です。
作品募集の告知は10月くらいからの予定ですが、作品の撮影時期は問わないコンテストですので、四季それぞれ魅力がある自然豊かな作木町へと、いつでも足をお運びいただいて撮影をお楽しみください。
心よりお待ちしております。

双子イチョウも色付きました

カヌー公園さくぎのすぐ近くにある通称「双子イチョウ」も黄色く色付きました。
例年、香淀迦具神社の「香淀の大イチョウ」よりも1週間くらい遅れて11月末が色付きのピークなんですが、今年は少し早い色付きでした。

視界の開けた江の川沿いにあるので、遠くからでもよく目立つ樹です。
カヌーに乗って水の上から眺めるのもまた一興です。
【11/21追記:香淀迦具神社の「香淀の大イチョウ」は既にかなり葉が落ちて枝にはあまり葉が無いようですが、その分黄色の絨毯が一面ふかふかに広がっている状態です】


 

R375への誘導看板と熊除けの鈴

作木町観光協会から、2点ほどお知らせです。

①先日も少しだけお伝えしましたが、香淀迦具神社の香淀の大イチョウを見てお帰りの際に、来た道と逆の山側に行ってしまう方が結構おられるようなので、T字路のガードレールに国道375号線の方へと誘導する看板を設置しました。
大イチョウを見た後にお帰りの際は、ゆるやかな坂道を1kmほど下った後、「T字路を右折」すると国道375号線と江の川の方に戻れます。
連日晴天に恵まれ、中国新聞の方でも見頃と紹介されたため、多くの方が大イチョウを見に来られています。周辺地域の円滑な交通のためご留意ください。

②ご存知の通り、今年は全国で熊の目撃情報が多く寄せられています。
そのため作木町観光協会としても少しでも安全に観光を楽しんでいただくため、常清滝の駐車場から遊歩道へと至る階段手前に設置してある杖に、熊除けの鈴を付けています。
鈴の音が賑やかな散策となりますが、ご理解ご協力をよろしくお願いします。





11/15の香淀の大イチョウの様子(見頃を迎えました)

【11/21追記:既にかなり葉が落ちて枝にはあまり葉が無いようですが、その分黄色の絨毯が一面ふかふかに広がっている状態です】

カヌー公園さくぎから約3kmのところにある、香淀迦具神社の境内にある「香淀の大イチョウ」の11月15日時点の様子をお伝えします。

まだ緑の部分もありますが、高さ32mを超える樹が全体的には黄色く色付き、落葉による黄色の絨毯も神社の境内全面に広がったので、見頃を迎えたと言っていいかと思います。
今年はやや早い見頃となりました。
珍しいラッパ状の葉も落ちていますので、探してみてください。
なお、カヌー公園さくぎのすぐ近くにある通称「双子イチョウ」はまだまだ黄緑色です。

さて、香淀の大イチョウを見た後に、帰り道を間違えてしまう方が結構おられるようです。
お帰りの際は、ゆるやかな坂道を1kmほど降りていき、T字路を右折すると郵便局の前を通って国道375号線と江の川の方に戻れます。(T字路を左折すると山側に入っていきます)
ご注意ください。

  

11月9日の香淀の大イチョウの様子

カヌー公園さくぎから約3kmのところにある、香淀迦具神社の境内にある「香淀の大イチョウ」の11月9日時点の様子をお伝えします。

全体的に黄緑色になり、日のよく当たる所は一部黄色くなっています。葉っぱも落ち始めて黄色の絨毯が少しずつ出来始めているようです。
11月15~20日くらいが色付きのピークになるでしょうか。

ちなみに、カヌー公園さくぎのすぐ近くにある通称「双子イチョウ」もまだ黄緑色です。例年こちらは香淀の大イチョウより1週間遅れくらいなんですが、今年はやや早いような気もします。
その他作木町の山々は、常清滝周辺も含め、鮮やかに色付いています。天気のいい日は青空の下に山々が映えて美しいですね。



 

10月30日の香淀の大イチョウの様子

カヌー公園さくぎから約3kmのところにある、香淀迦具神社の境内にある「香淀の大イチョウ」の10月30日時点の様子をお伝えします。

一部だけ黄色く色付いて、全体的にも緑から少し黄色に近づき始めましたが、まだまだ緑色です。
しかしそれでも32mを超える高さにはやはり圧倒されますね。
落葉が黄色の絨毯のようになり、色付きのピークを迎えるのは例年11月20日前後くらいです。

なお、この香淀迦具神社では、11月2日が秋祭りの前夜祭で3日が祭りの当日となります。鳥居のしめ縄も新しいものに変えられ、祭りを待つ準備は出来ているようです。

   

「2020年度 四季のさくぎフォトコンテスト」の作品を募集します

「2020年度 四季のさくぎフォトコンテスト」の作品を募集します。
作木町で撮影した写真であれば、 風景、人物、スポーツ、イベントなど、被写体は何でもかまいません。
皆さんが作木町を訪れた際に撮影された作品をぜひご応募ください。
たくさんのご応募をお待ちしております。

◆応募期間
2020年10月1日(木)~2021年1月13日(水)【必着】

◆応募規定 (詳しくは募集要項をご覧ください)
・作木町内で撮影した作品に限ります。
・他のコンテストに発表していない作品に限ります。個人でweb上に公開している作品の場合は問題ありません。
・応募点数に限りはありませんが、入賞できるのは 1人1賞とします。
・4つ切り以上のカラープリント(インクジェット不可)でご応募ください。合成などの著しい加工を施した作品は不可とします。
・ご応募いただいた作品は返却致しません。あらかじめご了承ください。

◆発表
・2021年1月下旬頃に、入賞者のみに郵送にてお知らせします。
・過去の入賞作品や入賞者の発表は、作木町観光協会、江の川カヌー公園さくぎのホームページ等でもご確認いただけます。

◆お問い合せ
作木町観光協会 事務局

〒728-0131
広島県三次市作木町香淀116(江の川カヌー公園さくぎ内)
TEL:0824-55-7050 FAX:0824-55-7051
Email:info@genkimurasakugi.or.jp

チラシおもて面

チラシ裏面(募集要項)

江の川は良い川だ

作木町観光協会ホームページの観光情報のページ内に、「江の川」の項目を追加しました。

「何を今さら」と思われるかもしれませんが、作木町にいるとそこに大きな川が流れている事が当り前と感じてしまいがちなのかもしれません。しかしこういった物は他所から来た人にとっては非常に魅力的に映るようで、こちらがその価値にふと気付かせていただくという事も多いです。
江の川を見ているだけで癒されるという声もよく聞きますし、作木町が誇る風景の一つと言っていいでしょう。

その江の川ですが、ここ最近まとまった雨が降ってないのと、昨冬に雪がほとんど降っていない影響か、現在非常に水位が低い状況です。今日からしばらく雨が続くので梅雨入り宣言が出そうですね。水が増えてくれると川底が洗われて綺麗になるので、大洪水でなければ少々の雨は歓迎です。

ただし、カヌー公園さくぎ内の水のすべり台は、まとまった雨が落ち着くまでは水を抜いておくので遊べない状態になります。支流上流からの土砂が溜まらないようにするためと、水をせき止める板の流失を防ぐためです。ご迷惑をお掛けしますがしばらくお待ちください。

さて、あわせて江の川の写真を4枚掲載しましたが、どの場所で撮影したものかわかるでしょうか?

 
 

滝開きと新型コロナ終息祈願

4月20日に常清滝の滝開き神事が関係者のみで行われました。
作木町観光協会の主催で、観光シーズン到来にあたり観光の発展と安全を祈願するために毎年行われている行事ですが、今年は少し様子が違いました。

神官様も含めて参加者全員マスク着用、隣との距離は2m程度空けて、そして新型コロナウイルス感染拡大の早期終息の祈願も行われました。
例年だとこの後に作木町観光協会の総会と懇親会が行われるのですが、総会は書面会議、懇親会は中止になりました。

ちょうどいい機会だったので、少し空いた時間で常清滝の麓まで行ってみました。前日にまとまった雨が降っていたので、水量が多く見応え十分の光景でした。滝へと至る遊歩道周辺では、新芽が出始めている木々の新緑が眩しく、春の訪れを全身で感じる事が出来ました。

この素晴らしい景色を楽しみにぜひ皆さんもお越しください・・・、と言いたいところですが、グッと飲み込んで我慢せざるを得ないジレンマを、観光に携わる関係者全員がお持ちかと思います。
今はグッと我慢の時期。そして晴れて終息した際には、皆様ぜひ作木町にお越しください。



【4/26】2020川開き&桜杯カヌー大会inさくぎ、開催中止のお知らせ

4月26日(日)に開催を予定していた「2020川開き&桜杯カヌー大会inさくぎ」は、新型コロナウイルスの流行拡大が継続している状況を受けて、残念ながらイベント中止を決定致しました。
延期しての開催も行いませんので、また来年の開催にご期待ください。
なお、カヌー競技の前に行う予定だった稚鮎の放流も中止ですが、川開き神事のみ関係者で行います。

イベントを楽しみにされていた皆様や、開催に向けて協力いただいていた関係者の皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。
なお、入浴施設「くまみ湯」も含め、カヌー公園さくぎの営業は、引き続き通常通り行ないます。