伝統行事「七夕カヌー流し」が行われました

延期されていた伝統行事「七夕カヌー流し」(5年連続5回目)が、ようやく行われました。
今年の七夕の日はとてもこんなくだらん事をやっている状況ではなかったのですが、水位が下がったのでようやく馬鹿馬鹿しくもしめやかにカヌー公園前の江の川にて執り行われました。
5年連続というとそろそろ本当に伝統行事の気配も漂い始めたような気もします。

さて七夕の笹は 川に流すと、流れ流れて海に達し、水平線の彼方から天へと昇り、天の川にたどり着いて願いが叶う、という言い伝えがあります。
しかしながら、実際に川に流しても近くの川岸にゴミとして漂着するだけなのが悲しき現実です。かと言ってこのまま可燃ゴミとして処分というのもあまりにも風情がありません。
というわけで、カヌーに載せて川を流れれば疑似的に川に流した事になり願いが叶う、という強引な理論に基づいてみんなの願いを叶える行事、それが伝統行事「七夕カヌー流し」なのです。

家族の健康を願う短冊、将来の夢が書かれた短冊、水害からの復旧を願う短冊、微笑ましい謎の願いの短冊、色々な願いが全て叶いますように。いやほんまに。一日も早く元の日常が戻ってきますように。
すでにカヌーはまた出来るようになりましたが、水遊びゾーンと水のすべり台はまだご利用できません。ただ急ピッチで復旧作業が進んでいますので、次の週末くらいにはまた水遊びが出来るようになるかと思います。(7/16追記:水遊びゾーンが復旧しました。今まで通りご利用できるようになりました)
水遊びどころではない方も沢山おられるかもしれませんが、落ち着いて一息つけるようになったら、ぜひカヌー公園さくぎにお越しください。



   

久しぶりのカヌー

カヌーが出来るようになりました。
真夏の晴天の中なので、川の水をかぶりながらやっています。
ここ最近悪いお知らせばかりお伝えしていましたが、ようやくこういった状況になった事が嬉しいですね。
ちなみに、水遊びゾーンと水のすべり台は復旧までもう少し時間がかかりそうですが、近日中には何とかなりそうな感じです。



わんぱくカヌーキャンプ中止【7月27~29日カヌー空きました】

7月27日(金)~29日(日)の2泊3日で予定されていたTSS主催の「わんぱくカヌーキャンプ」の中止が決定しました。
毎年夏の一大イベントとしてスタッフ一同力を入れていただけに落胆も大きいですが、今回ばかりは仕方ないですね。

この3日間は一般のカヌーの受け入れを全て停止して貸切となっていましたが、7月27日、28日、29日(金土日)の全てのカヌーの枠が空きました。
ご希望の方はご連絡ください。

復旧状況について【祝☆水のすべり台復旧】

思っていたよりも早く、豪雨の影響で被害を受けていた箇所が次々と復旧しています。完全に元に戻ったわけではありませんが、下記の場所がまたご利用出来るようになりました。
なお、管理棟受付にてこのたびの西日本豪雨災害への義援金を受け付けております。お越しの際にはよろしければご協力をお願いいたします。

★川の丘広場★ 流木の撤去が完了しました。電源も使えます。手すりの一部の破損があり地面にはまだ土砂が少々残っていますが、キャンプでの宿泊が出来るようになりました。トイレ、水道は管理棟の物をご利用下さい。

★グループサイト★ サイトに備え付けのテーブルとイスが流失し、水道と電源も利用出来ない状態でしたが、水道と電源が復旧しました。まだテーブルとイスが無い状態ではありますが利用出来るようになりました。

★カヌー★ カヌーが出来る通常の水位まで下がりました。カヌーを乗り降りする場所も確保できましたので今まで通り可能です。団体様のキャンセルが相次いだ事により空きが出来ています。ご希望の方はぜひご連絡ください。

★水遊びゾーン★ 浅いプール状の場所、水のすべり台ともに復旧が完了しました。今まで通りご利用出来ます。猛暑の日が続いていますので冷たい水でリフレッシュしてください。ただし、すぐ近くにあるオートキャンプ場のトイレはまだ復旧していませんので、お手数ですがトイレは管理棟の物をご利用下さい。

第2コテージの宿泊可能人数が14名に戻りました

第2コテージの宿泊人数を一時的に14名から10名へと縮小して受け入れをしていましたが、再び最大14名まで宿泊可能になりました。

現在すでに第2コテージの宿泊を予約されている皆様には、ご予約の時点では最大で10名までとお伝えしていましたが、人数の追加がありましたら第2コテージ1棟あたり14名までは可能ですのでご連絡ください。
料金や空室状況など詳細はこちらをご覧ください。


7月5日からの豪雨によるカヌー公園の被害状況【更新あり】

とんでもない豪雨でした。
7月7日の朝はカヌー公園さくぎに至る道が通れず出勤できなかった為、報告と更新が遅れた事をまずお詫びいたします。
さてカヌー公園さくぎの増水状況ですが、最大で水位が通常よりも11m上がりました。参考までに、1m上がればカヌースクールが出来なくなり水のすべり台のプール状のマスが水没、3m50cm上がれば川のすぐそばのコンクリートの低水護岸域に水がかかり、5m上がれば一年に一度の増水、7m上がれば数年に一度の大増水、というレベルです。

一番被害が大きかったのは最も上流側に位置するオートキャンプ場で、流木の漂着、電源の喪失、サイトの土砂の流失などがひどく、当分の間ご利用は出来ません。オートキャンプ場が冠水したのは、2002年のオープン以来初めての出来事で、まさに数十年に一度の大雨だったようです。
キャンプ場のご予約をいただいていた方には順に断りの連絡を差し上げますが、ひとまずこの場で報告だけしておきます。

水のすべり台を含む水遊びゾーンは土砂の流入がひどく、こちらもしばらく使えそうにありません。
これからいよいよ夏休み期間に突入という前に痛恨の極みです。ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします。

敷地内の各施設の状況は下記の通りです。状況が変わればまた報告いたします。
◆管理棟・・・問題ありません。
◆コテージ・・・第1コテージ、第2コテージともに問題ありません。
◆入浴施設・・・問題ありません。
◆オートキャンプ場・・・上記の通り利用出来ません。
◆グループサイト・・・テーブル、イスが流失しました。水道と電源も利用出来ないのでサイトが利用できません。
【7/12追記:グループサイト内の水道と電源が復旧しました。まだテーブルとイスが無い状態ではありますが利用出来るようになりました。】
◆川の丘広場・・・流木の漂着により利用できません。
【7/12追記:川の丘広場の流木の撤去が完了しました。手すりの一部破損と地面に土砂が多少残っていますが、利用出来るようになりました】
◆水遊びゾーン・・・浅いプール状の場所、水のすべり台ともに利用できません。
【7/16追記:水遊びゾーンが復旧しました。今まで通りご利用出来ます。ただし、すぐ近くにあるオートキャンプ場のトイレはまだ復旧していませんので、お手数ですがトイレは管理棟の物をご利用下さい】
カヌー・・・水位が下がればおそらく可能ですが、乗り降りする場所が今まで通り利用できるかはわかりません。
【7/12追記:通常の水位まで下がり、カヌーを乗り降りする場所も確保できましたので今まで通り可能です。団体様のキャンセルにより空きが出来ていますのでご連絡ください】
◆沢歩き・・・開催場所の熊見川には問題ありませんでしたので、予定通り行う事が出来ます。
◆薪(たきぎ・まき)・・・1巻き400円で販売していましたが、冠水により保管していた薪が流失した為、販売出来ません。炭は管理棟で販売しています(1kg/300円)。
◆道路状況・・・川沿いの旧道などの細い道で部分的に通行止めはありますが、三次市街地から国道54号線経由でのルートは問題なく通行出来ます。三次市街地から国道375号線での江の川沿いのルートは成瀬の堰堤付近で通行止めがあります。
【7/13追記:三次市街地から国道375号線が通れるようになりました。川に近い旧道では一部通行止めがありますが、付近の幹線道路での交通規制はなくなりました】




 

豪雨

ものすごい豪雨ですね。雨量も凄いですが、昨日からずっと降り続いて更に今から夜にかけてまだまだ降り続ける予報とは・・・。
現在、カヌー公園さくぎには避難所が開設されました。
江の川すぐそばのコンクリートの低水護岸域も既に水に浸かり、もちろん週末のカヌーも中止、水のすべり台も川の底、という状況で、明日7日に予定されていた体験イベントも残念ながら中止となりました。
大きな被害が出ないように祈るばかりです。皆様くれぐれもお気を付けて。


8月4日(土)のオートキャンプ場、空いてます。

(7月5日からの大雨と増水により、オートキャンプ場は当面の間利用出来なくなりました)
8月4日(土)の団体様の予約がキャンセルになり、オートキャンプ場10サイト全てに空きが出来ました。(7月5日14時の時点)
夏の一番オイシイ日なので早くからお問い合せが相次いで、そのたびにお断りしていましたが、現在こういった状況で空きがあります。カヌーについても8月4日、5日ともに十分空きが出来ていますのでお問い合せください。
早い者勝ちですのでどうぞ。