11/15の香淀の大イチョウの様子(見頃を迎えました)

【11/21追記:既にかなり葉が落ちて枝にはあまり葉が無いようですが、その分黄色の絨毯が一面ふかふかに広がっている状態です】

カヌー公園さくぎから約3kmのところにある、香淀迦具神社の境内にある「香淀の大イチョウ」の11月15日時点の様子をお伝えします。

まだ緑の部分もありますが、高さ32mを超える樹が全体的には黄色く色付き、落葉による黄色の絨毯も神社の境内全面に広がったので、見頃を迎えたと言っていいかと思います。
今年はやや早い見頃となりました。
珍しいラッパ状の葉も落ちていますので、探してみてください。
なお、カヌー公園さくぎのすぐ近くにある通称「双子イチョウ」はまだまだ黄緑色です。

さて、香淀の大イチョウを見た後に、帰り道を間違えてしまう方が結構おられるようです。
お帰りの際は、ゆるやかな坂道を1kmほど降りていき、T字路を右折すると郵便局の前を通って国道375号線と江の川の方に戻れます。(T字路を左折すると山側に入っていきます)
ご注意ください。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です