「2020年度 四季のさくぎフォトコンテスト」入賞作品発表

作木町観光協会主催の「2020年度 四季のさくぎフォトコンテスト」の入賞作品と入賞者を発表します。(敬称略)

★最優秀賞(1点)★
「ねがい花火」  菅 昭和(三次市)

★優秀賞(3点)★
「銀杏の絨毯」  原田 浩二(三次市)
「殿敷満天の空」  末岡 一登(広島市)
「巣立ち」  谷水 毅(竹原市)

★入選(10点)★
「秋の滝」  石田 克志(三次市)
「彼岸花が咲く道」  播 美知子(広島市)
「魅せられて」  橋本 邦子(広島市)
「オートキャンプ場の朝」  藤原 敏明(三原市)
「清流の鮎釣り」  吉田 一志(広島市)
「いちょうの神社」  石田 祥枝(三次市)
「楽園」  神原 初恵(福山市)
「親子でドボン!」  福田 隆史(広島市)
「雪の常清滝」  秋山 保(三次市)
「霧の海’2020」  神田 肇(三次市)

どの作品もそれぞれに魅力があり、作品の前で審査委員一同頭を悩ませましたが、上記のように入賞作品が決定いたしました。(審査内容の詳細についてはお答えできません。ご了承ください)
入賞作品の画像データが入賞者から事務局に届き次第、随時ネット上でも入賞作品を公開していく予定です。もう少々お待ちください。

さて今回の応募作品は、新型コロナウイルスの影響でイベントがほとんど中止になったり外出する人が減ったせいなのか、人物が被写体になった物は少なく、ほとんどが自然の風景を捉えた作品でした。
そんな中で最優秀賞に輝いた「ねがい花火」は、新型コロナウイルスの終息を願って出店などは一切無しで行なわれた花火打ち上げの様子を撮影したものでした。作品には写っていませんが、色とりどりの花火を見上げている皆が新型コロナウイルスの一刻も早い終息を願っていた事でしょう。作品自体の素晴らしさだけでなく、そういった背景も審査員の票を集めたのかもしれません。

優秀賞には、ツーリングの途中に立ち寄ったカヌー公園近くの、双子イチョウの落葉と愛車を立体的な構図で収めた「銀杏の絨毯」、晩秋の澄んだ夜空に満天の星がきらめき、その下に佇む殿敷の静謐さが際立つ「殿敷満天の空」、巣立ちの時を迎えたブッポウソウの子が、親鳥に誘導されながら飛翔している姿を切り取った「巣立ち」、の3作品が入賞しました。
ちなみに今年は珍しく香淀迦具神社の香淀の大イチョウを題材にした作品は入賞せず、これ以外の2箇所のイチョウを撮影した作品が入賞しました。応募作品の題材としてはアサギマダラが一番多く、作木町の豊かな自然の一つとしてここ数年でグンと認知度が上がったようです。
なお今回はコロナ禍の影響か、応募作品数は例年より少なめの39点でした。ご応募ありがとうございました。

これらの入賞作品は2月上旬くらいから川の駅常清(現在10:00~16:00に時間短縮して営業/水曜定休)で展示し、その後3月1日から3月31日まで江の川カヌー公園さくぎ(8:30~18:00/火曜定休)で展示する予定です。 是非足を運んでご鑑賞ください。(マスクの着用をお願いします)

さてまた来年も同様のフォトコンテストを行う予定です。
作品募集の告知は10月くらいからの予定ですが、作品の撮影時期は問わないコンテストですので、四季それぞれ魅力がある自然豊かな作木町へと、いつでも足をお運びいただいて撮影をお楽しみください。
心よりお待ちしております。

岡崎七星くんに密着した番組が放送されます【1/16放送】

カヌー公園さくぎでもインストラクターとして勤務している、岡崎七星くんに密着した番組「わんぱく大作戦スペシャル わんぱくSPIRITS 夢に向かって」 が放送されます。
岡崎くんはフリースタイルカヤックという、激流の中にあるウェーブやホールと呼ばれる部分に漕ぎ入れて、その中でアクロバティックな技を何度も行いポイントを競うという競技で、世界を舞台に活躍している16歳の選手です。
小さいころからカヌーに親しみ、姉の遥海さんと共に姉弟で活躍しています。2人の紹介と応援ページはこちら

番組放送は、TSS(テレビ新広島)で、1月16日(土)の朝10:30からです。
激流の中で次々と繰り出す驚きの技だけでも必見ですが、夢に向かって行く16歳の少年(青年?)のひたむきな姿も皆さんぜひご覧ください!



イルミネーション点灯してます

カヌー公園さくぎの正面入口付近の木にイルミネーションを取付けて点灯しています。日没くらいから自動的に点灯し、だいたい9時過ぎくらいまで点灯しています。

規模は大きくないんですが、宿泊や入浴施設利用の方を始め、ただ前を通行するだけの方にも見て喜んでいただければと思います。
今年はイルミネーションのイベントは中止だったんですが、こうやって実際に点灯しているのを眺めるとやはりいいもんだなと思いますね。
1月末まで点灯していますのでご覧ください。


薪にするための原木を買い取りします

カヌー公園さくぎで、主に薪として販売するための原木(丸太)の買い取りを始めます。
昨今のキャンプブームにより、焚き火の魅力が再認識されて焚き火そのものが流行っていて、薪の需要が高まっています。
そのため薪にするための原木が不足気味なので、このたび買い取りの告知をいたします。
買い取った原木は、35cm程度の長さに玉切りし、これを手首の太さ程度に割ってからよく乾燥させ、束ねて薪として販売します。

◆◆買い取り価格目安◆◆
●広葉樹 軽トラの荷台1杯分:5,000円 (薪に適しているクヌギ、ナラ等が理想ですが広葉樹であれば問題ありません)
●針葉樹 軽トラの荷台1杯分:3,000円
【軽トラの荷台1杯分とは、長さ200cm×幅140cm×あおりの高さ30cm分の量とします】

※上記の価格は車両への積み込み、カヌー公園さくぎまでの運搬などの作業料を含みます。荷下ろしの際は可能ならばお手伝いします。なお、玉切りしてあれば作業が減るので助かりますが、長いままの状態でも結構です。
※生木のままで結構です。朽ちた木、虫が入って粉だらけの木などは買い取りできません。枝木ばかりをこんもりと荷台に盛った状態も買い取り対象外です。

皆さんの裏山などにある不要な木を、カヌー公園までお持ちください。買い取りいたします。よろしくお願いします。

◆お問い合せ先◆(必ず事前にご連絡ください)
江の川カヌー公園さくぎ tel:0824-55-7050(担当:福間)


西村キャンプ場にカヌー公園が出ます(11/28放送】

広島出身のお笑い芸人、バイきんぐの西村瑞樹さんがキャンプをしてキャンプ飯を作るだけのゆる~い人気番組「西村キャンプ場」で、カヌー公園さくぎが登場します。
番組公式サイトはこちらです。

三次市長から「3日だけキャンプ大使」として委嘱された西村さんが、三次市をあちこち巡る3週連続放送の最終3回目でついに登場です。(しかし次回予告ではまったく出て来なかったんでちょっと心配・・・)

★放送日時:11月28日(土)17:00~17:30★
【TSS(テレビ新広島)での放送日時です】

元々は広島のローカル番組だったのが、人気が出て関西、東海、九州など全国各地でも視聴できるようになっています。視聴可能な地域の方はぜひご覧ください。


双子イチョウも色付きました

カヌー公園さくぎのすぐ近くにある通称「双子イチョウ」も黄色く色付きました。
例年、香淀迦具神社の「香淀の大イチョウ」よりも1週間くらい遅れて11月末が色付きのピークなんですが、今年は少し早い色付きでした。

視界の開けた江の川沿いにあるので、遠くからでもよく目立つ樹です。
カヌーに乗って水の上から眺めるのもまた一興です。
【11/21追記:香淀迦具神社の「香淀の大イチョウ」は既にかなり葉が落ちて枝にはあまり葉が無いようですが、その分黄色の絨毯が一面ふかふかに広がっている状態です】


 

野あそびフェス(11/23@みよし風土記の丘)のご案内

【11/23にみよし風土記の丘で開催される「野あそびフェス」のご案内です】
(カヌー公園さくぎも参加/協力しています)

今年もやります!野あそびフェス!

農山村の自然や生活をシミュレートした「遊び」を通じて、子どもたちに、「見つけるチカラ」「つながるチカラ」「やってみるチカラ」の「3つのチカラ」を育むイベントです。
今年は、みよし風土記の丘ミュージアムの全面的な支援をいただいて、特別なプログラムも用意しました。
ぜひ、県北で、秋の一日を、親子で、ゆったりと、のんびりと、お楽しみください。

【日時】
令和2年11月23日(月・祝)10:00~15:00
※出入り自由
※小雨決行(注意報警報発令の場合中止。前日15:00判断)

【場所】
広島県立みよし風土記の丘
(広島県三次市小田幸町122)

【参加費】
大人:500円(中学生以上)
小人:無料(小学生以下)
※「三次市民市内おでかけクーポン券」をご利用いただけます。
(広報みよし9月号折り込み)

【内容】
・TAKE-1グランプリ
・勾玉づくり
・古代飯クッキング
・おやこで野遊びコーナー
・薪割り体験
・秋の森でハンモック
・たきびおやつ
・OutdoorSong
・ネイチャーゲーム

【昼食について】
お弁当持参のこと

【持ち物・服装など】
●マスク、弁当、水筒、帽子、野外で遊びやすい服装や靴、お子さんの着がえ、小雨時は傘を(レインコートがあれば)お持ちください。
●小雨決行し、一部施設内で行います。
●持ち込みゴミはお持ち帰りください。
●警報発令などの理由でイベントを中止する場合は前日15時までに判断し、HPに掲載します。

【感染症対策】
■会場受付で検温と手指消毒にご協力ください。
■マスクを持参して着用ください。
■コーナーによっては参加人数制限を設け、お待ちいただくことがあります。
■体調不良の場合は参加をお控えください。

【びほくコドモトフィールド参加施設】
・大鬼谷オートキャンプ場
・江の川カヌー公園さくぎ
・国営備北丘陵公園
・帝釈峡遊覧船
・平田観光農園
・ふるさと村高暮
・ほしはら山のがっこう
・農家民宿こがねや
・農家民宿とまり

【主催】
備北観光ネットワーク協議会
みよし風土記の丘ミュージアム

【お問合せ】
備北観光ネットワーク協議会
TEL:0824-63-9268((一社)三次市観光協会共用)
Mail:info@bihoku.main.jp

◆参加申込み・詳細はこちらをご覧ください

11月9日の香淀の大イチョウの様子

カヌー公園さくぎから約3kmのところにある、香淀迦具神社の境内にある「香淀の大イチョウ」の11月9日時点の様子をお伝えします。

全体的に黄緑色になり、日のよく当たる所は一部黄色くなっています。葉っぱも落ち始めて黄色の絨毯が少しずつ出来始めているようです。
11月15~20日くらいが色付きのピークになるでしょうか。

ちなみに、カヌー公園さくぎのすぐ近くにある通称「双子イチョウ」もまだ黄緑色です。例年こちらは香淀の大イチョウより1週間遅れくらいなんですが、今年はやや早いような気もします。
その他作木町の山々は、常清滝周辺も含め、鮮やかに色付いています。天気のいい日は青空の下に山々が映えて美しいですね。



 

さくぎの森のクリスマス、開催中止のお知らせ

毎年11月末~12月初旬にカヌー公園さくぎで開催されていた「さくぎの森のクリスマス」は、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催しない事になりました。

「特定非営利活動法人元気むらさくぎ」の主催で地域への還元という趣旨で、イルミネーションの点灯式、屋台出店、ステージイベントを行ない、作木の冬の始まりを彩るイベントとして地域の方にも浸透してきましたが、残念ながら今年はイベント自体は行いません。ご了承ください。

ただし、カヌー公園さくぎの敷地内に11月下旬からイルミネーションは設置し、1月末までしばらく夜間の点灯は行いますので、近くを通る際にはご覧ください。