「2022年度 四季のさくぎフォトコンテスト」入賞発表

作木町観光推進協会が主催する「2022年度 四季のさくぎフォトコンテスト」の入賞作品と入賞者を発表します。(敬称略)

★最優秀賞(1点)★
「滝つぼの冥利」  山本 康義(広島市)

★優秀賞(3点)★
「森の妖精」  末岡 一登(広島市)
「緑に包まれる常清滝」  井田 悟(広島市)
「黄色の境内」  讃岐 達也(広島市)

★入選(10点)★
「深夜の便坂峠」  菅 昭和(三次市)
「新緑の流れ」  石田 克志(三次市)
「清流の鮎釣り」  吉田 一志(広島市)
「秋を彩る」  土井 正司(世羅郡世羅町)
「冬の常清滝」  池田 守(福山市)
「収穫の秋」  安田 諭佳(飯石郡飯南町)
「殿敷雪化粧」  古濱 美知子(大竹市)
「秋の常清滝」  秋山 保(三次市)
「アサギマダラの山里」  赤澤 英二(倉敷市)
「フィナーレ」  田中 隆久(安芸郡熊野町)

どの作品もそれぞれに魅力があり、作品の前で審査委員一同頭を悩ませましたが、上記のように入賞作品が決定いたしました。(審査内容の詳細についてはお答えできません。ご了承ください)
入賞作品の画像データが入賞者から事務局に届き次第、随時ネット上でも入賞作品を公開していく予定です。もう少々お待ちください。
(2/1追記:事務局に届いた入賞作品の画像データをこちらで公開しています。ご覧ください)

今回の最優秀賞は「滝つぼの冥利」という作品でした。常清滝の全景ではなく、滝つぼの水の動きとそこに出来た水の姿形を撮影した着眼点が票を集めたようです。今回の応募作品は、常清滝とイチョウの2つを題材にした作品が例年よりも特に多くありましたが、それぞれが違った視点で魅力を伝える作品でした。

優秀賞には、杉林の中をヒメボタルが乱舞する姿を収めた「森の妖精」、緑に繁った木々の隙間を白く流れる水が貫く「緑に包まれる常清滝」、香淀迦具神社の大イチョウが鮮やかに黄色く染まる「黄色の境内」の3作品となりました。
なお今回の応募作品数は70点でした。多数のご応募をありがとうございました。

◆入賞作品の展示について◆
入賞作品14点は、2月10日(金)~2月26日(日)の期間で、江の川カヌー公園さくぎ(8:30~18:00/火曜定休)にて展示する予定です。是非ご鑑賞ください。(マスク着用の上でご来場ください)

四季それぞれに魅力がある自然豊かな作木町へ、皆様いつでもお越しください。
心よりお待ちしております。

イルミネーションを設置しました

カヌー公園さくぎの入口付近の木に、職員の手でイルミネーションを設置しました。
なお今年も昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染拡大防止のためイルミネーション点灯イベントは行ないませんでした。
1月末まで点灯している予定ですので、宿泊などの夜間利用や近くをお通りの際にはご覧ください。

さくぎの森のクリスマス、中止のお知らせ

カヌー公園さくぎでのイルミネーションの点灯イベント「さくぎの森のクリスマス」は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から今年も開催しない事となりました。ご了承ください。
ただしイルミネーションの設置は11月下旬に行ない、1月末まで点灯する予定です。宿泊の場合や近くをお通りの際はご覧ください。

現在、新型コロナウイルスの感染者数が再び増加傾向になっています。三次市を含む広島県北部も人口比率ではかなり感染者数が多い状態です。引き続き十分お気を付けください。

「全国旅行支援割」には対応しない事となりました

宿泊される方に対する、全国旅行支援割(new!やっぱ広島じゃ割)での宿泊料金割引と宿泊者へのクーポンの配布は、残念ながら江の川カヌー公園さくぎでは対応しない事となりました。
(他施設で配布されたクーポンの利用は可能です)

ご利用の方への更なるサービスとして参画に向けて前向きに検討してきましたが、残念ながら下記の理由のため当施設では参画を見送る事となりました。
①通常のホテルや旅館と違って当施設は1棟貸しの形態であるため、割引きやクーポン配布についてのシステムが非常に複雑である。
②必須条件である宿泊者全員の本人確認とワクチン接種証明書の確認について、受付で大きな混乱を招きお客様に迷惑をかけるおそれがある。
③上記の理由により、ネット予約サイトのじゃらんnetからの予約のみを割引対象とする方針で一旦は販売開始となっていたが、当施設の料金と営業形態ではごく一部を除きほとんどのケースで条件から外れてしまう事が判明した。

一旦は販売開始されていたため、現在じゃらんnetの画面上では「全国旅行支援対象」という表示が出ていますが、これも取り下げる申請を出したところです。
見切り発車で始まった事業だった上に、広島県だけが独自の方針を打ち出したため各事務局も混乱しており、当施設としてもなかなか制度を正確に把握しきれずに、皆様へのご連絡が遅れた事をお詫びいたします。
なお、通常の料金形態での宿泊はもちろん受け入れを行なっていますので、引き続きのご利用をお待ちしております。


 

「2022年度 四季のさくぎフォトコンテスト」の作品を募集します

「2022年度 四季のさくぎフォトコンテスト」の作品を募集します。
作木町で撮影した写真であれば、 風景、人物、スポーツ、イベントなど、被写体は何でもかまいません。
皆さんが作木町を訪れた際に撮影された作品をぜひご応募ください。
たくさんのご応募をお待ちしております。

◆応募期間
2022年10月1日(土)~2023年1月12日(木)【必着】

◆応募規定 (詳しくは募集要項をご覧ください)
・作木町内で撮影した作品に限ります。
・他のコンテストに発表していない作品に限ります。個人でweb上に公開している作品の場合は問題ありません。
・応募点数に限りはありませんが、入賞できるのは 1人1賞とします。
・4つ切り以上のカラープリントでご応募ください。合成などの著しい加工を施した作品は不可とします。
・ご応募いただいた作品は返却致しません。あらかじめご了承ください。

◆発表
・2023年1月下旬頃に、入賞者のみに郵送にてお知らせします。
・過去の入賞作品や入賞者の発表は、作木町観光推進協会、江の川カヌー公園さくぎのホームページ等でもご確認いただけます。

◆お問い合せ
作木町観光推進協会 事務局

〒728-0131
広島県三次市作木町香淀116(江の川カヌー公園さくぎ内)
TEL:0824-55-7050 FAX:0824-55-7051
Email:info@genkimurasakugi.or.jp

チラシおもて面

チラシうら面(募集要項)

体育の授業

地元の作木中学校では、体育の授業で毎年カヌー公園を利用されます。
基本的には各学年とも日を分けて2回ずつ授業があります。内容はカヌー体験だけでなく、もう1回はラフトボートという大きなゴムボートを使った体験も行います。過去には大雨による増水や、近年は新型コロナウイルスの影響で予定が中止になる事もありましたが、今年は何とか出来ました。

子供達が地元の施設を利用してくれて、元気な姿で楽しんで体験してくれているのを見ると、こちらも元気をもらえますね。生徒には「体育の授業でこんな事が体験できる学校はなかなか無いので、地元を離れた時に自慢できるよ」と伝えています。地元作木町での貴重な体験と思い出になっていれば幸いです。

HOMEテレビの5up!で紹介されます【9/2(金)】

広島HOMEテレビの夕方の番組「5up!」で、カヌー公園さくぎが紹介されます。
八幡美咲アナウンサーがカヌー体験や水のすべり台に挑戦して、残暑を乗り切るための広島県のスポットとして紹介してくれます。
水のすべり台では地元の子から指導を受けながら、悲鳴を上げてすべって行ってました。さてどんな内容になっているでしょうか。
放送予定日は9月2日(金)です。お楽しみに。

岡崎七星くんの朗報

今朝の中国新聞の県北欄に、岡崎七星(ななせ)君のニュースが掲載されていました。
カヌーフリースタイルの世界選手権で銅メダルを取ったというニュースです。

岡崎君はカヌー公園さくぎでもカヌーのインストラクターとして手伝いに来てくれる事があり、普段からその技術を目の当たりにしている我々としては嬉しいニュースです。
銅メダルを取ったという知らせは既に耳にしていましたが、こうしてメディアに取り上げられているのを見ると、改めて嬉しく思います。
今後も世界を舞台に大きく羽ばたいてほしいものです。


作木の夜空に花火が上がりました

「江の川夏まつりinさくぎ プチ花火大会」が、8月6日(土)にカヌー公園さくぎを会場にして行われました。
新型コロナウイルスの流行以降、この形式で夏まつりを行なうようになってから早くも3回目の開催となり、地元の方にもすっかりお馴染みのイベントとなってきました。

感染症対策をしっかり行いつつ、今年は管理棟内のレストランの営業を延長しての軽食の提供や、簡単な来場者参加型ゲーム、江の川の魚のパネル展示も行われました。日中には三次市体育協会作木支部様によるカヌー体験の無料参加枠も設け、花火以外でも楽しんでいただける内容となっていたかと思います。
ご来場の皆様にとって、作木町での素敵な夏の思い出となっていれば幸いです。


わんぱくカヌー体験、無事に終了しました

TSS(テレビ新広島)主催の、「わんぱくカヌー体験」が無事に終了しました。
今年も宿泊は無しで、7月30日(土)、7月31日(日)の日帰りを2日という形で、しっかりとコロナ対策を行なった上で開催されました。

カヌーの練習をはじめ、水のすべり台や食事作り体験など、充実したわんぱくな2日間を体験してもらえたと思います。最後のカヌーツーリングもしっかり完漕でき、参加者全員が笑顔で帰路に着いたようです。
新型コロナウイルスの状況がなかなか落ち着かず、窮屈な夏休みを送っていた子供達にとって、最高の夏の思い出になった事でしょう。

テレビでの放送についてですが、今年はかなり遅くなるようです。(年内には無いかもしれません)
詳しい事が決まればまたお伝えします。