2021桜杯、無事に終了しました

昨日4月11日(日)、春の快晴の空の下で「2021 川開き&桜杯カヌー大会inさくぎ」が無事開催されました。

昨年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止となっていましたが、今年は対策を行ないながらの開催となりました。競技中の選手以外はマスク着用をお願いしていたのと、密を避けるため飲食用のテントは設置はしていなかったので、ちょっと今までとは違った光景の大会となりました。

そんな中、例年よりも多くの96名の選手申込があり、江の川の上で水しぶきを浴びながら熱戦が繰り広げられました。唯一の懸念だった水位の低さのせいで、時には川底の岩に引っ掛かりながらも、最後まであきらめずにゴールまで漕ぎ切ろうと奮闘する選手の姿が印象的でした。

地元の方による屋台出店も、例年より多くの方が来られたため売り切れも続出したようで、密を避けながらも賑やかで暖かな春の訪れを皆で楽しんだ一日となりました。
例年よりも選手申込が多かったのと、低水位のため競技進行が遅れたため、閉会式の時間が遅れてしまい申し訳ありませんでした。特に遅くまで片付けを手伝って頂いた実行委員の方々には大変お世話になりました。皆様お疲れ様でした。

さて、昨年は大会が中止だったので、今回は令和初の大会となりました(前回開催大会は令和になる直前の平成31年4月13日)。次回はどんな選手が集まりどんな大会になるでしょうか。それではまた来年お待ちしております。

以下は各部門の上位入賞者と記録です(敬称略)

小学1・2・3年生の部
1位 向井 陸 1分12秒28
2位 若松 みゆき 1分24秒13
3位 中元 優作 1分44秒38

小学4・5・6年生の部
1位 西 優悟 53秒31
2位 井上 快晴 1分09秒62
3位 小島 千聖 1分28秒80

一般男子の部
1位 若松 大輔 1分46秒81
2位 藤原 秀司 1分51秒96
3位 増田 庚恭 1分55秒01

一般女子の部
1位 伊藤 美穂 1分56秒90
2位 若松 理花 2分01秒17
3位 向井 順子 2分03秒22

チーム対抗の部
1位 さくぎボーイズ 3分54秒82
2位 ビックバレー 4分04秒11
3位 作木消防団作木方面隊第3分団 4分10秒04





2021川開き&桜杯カヌー大会inさくぎ、出場選手募集中!【4/11(日)開催】

【4/9追記】選手募集は締め切りました。多数のお申し込みありがとうございました。当日は晴天の予報なので日焼け止め等があった方がいいかもしれません。

毎年恒例の春のカヌー公園のイベント、「2021川開き&桜杯カヌー大会inさくぎ」が4月11日(日)に開催予定です。
昨年は新型コロナウイルスの流行が拡大していたため残念ながらイベント中止となりましたが、今年はしっかりと対策をした上で開催いたします。(感染拡大状況によっては中止または内容が変更する可能性があります)

開催日:4月11日(日) 場所:江の川カヌー公園さくぎ
◆来場者へのお願い◆
・検温を行ないます。体調不良の場合は来場をお控えください。
・ご来場の際はマスクの着用をお願いします。(競技出場時はマスク無しでもOKです)

当日朝に、まず川開き行事として神事と稚鮎の放流を行ない、その後11:30からカヌー競技を行ないます。
カヌー未経験の方でも楽しく参加できるようなシンプルなルールの競技で、未経験の方でも大丈夫なように初心者講習の時間も設けています。
今年も引き続き、小学生の部を「1.2.3年生の部」と「4.5.6年生の部」、一般の部を「一般男子の部」と「一般女子の部」に分けて、それぞれ3位まで表彰するようになっていますので、低学年の児童や女性の方でも入賞できます。
出場選手には、敷地内にある入浴施設「くまみ湯」の無料入浴券をお渡しします。さらに選手全員によるお楽しみ抽選会もありますので、皆様どんどんご参加ください。

地元の方による各種屋台の出店もありますので、競技に出ない方でも食事をしながら楽しく観戦が出来るイベントです(入場無料)。
ただし、今年は密を避けるため食事場所としてのテントは設置いたしません(テーブルと座席は間隔を空けて設置します)。ご了承ください。
三次駅前からバスでお越しいただく場合は、三次駅前のバスロータリーの2番乗り場から川の駅三次線(君田交通)で「カヌー公園前」までご乗車ください。

☆☆☆以下は選手募集についての詳細です☆☆☆
選手申込み締め切り:4月8日(木)
※競技中はマスク無しでもOKです。(競技中以外はマスクの着用をお願いします)

★カヌーに乗り水上のブイを回って帰ってくるタイムを競うシンプルな競技です。部門は、小学生の部(1・2・3年生の部/4・5・6年生の部)、一般の部(一般男子の部/一般女子の部)、チーム対抗の部があります。チーム対抗の部は、リレー形式で4名が漕ぎ合計タイムを競います。各部門の上位3名(3チーム)を表彰します。(豪華賞品あり)

★乗艇するカヌーは安定感があり初心者でもまっすぐ進みやすい物を使用します。道具は全て用意してありますので、動きやすく濡れても大丈夫な服装をご準備ください。更衣室とシャワールームもあります。

★出場料金は高校生以上が500円、中学生以下は無料です。各選手1人当たりの料金ですので、例えば大人が一般の部とチーム対抗の部と両方に出ても1人分(500円)でOKです。個人のみだけではなく、チームを組んで出場した方が料金は同じで楽しさ倍増となりお得です。

★大会終了後、全参加選手によるお楽しみ抽選会があります。なお、参加選手には入浴施設「くまみ湯」の入浴チケットを渡しますので、お風呂に浸かって疲れを癒してお帰り下さい。

★10:00から、初心者講習の時間を設けます。初心者が対象ですが、カヌー基本操作に自信の無い方はどなたでも受講可能です。受付や事前申し込みは不要です。

★大会当日は7:00までに、カヌー公園HP内のブログ、facebook等、インターネット上で開催の可否をお伝えします。(少雨決行)
荒天等により大会中止の場合は、当日7:30までに各選手にご連絡致しますので、お申込み用紙には連絡のつきやすい携帯番号などをご記入願います。なお、カヌー大会中止の場合でも川開き神事は行いますが、屋台出店はありません。

未経験者でも気軽に参加できるカヌー大会です。
皆様の多数の参加をお待ちしております。

申し込み・問い合わせ
〒728-0131
三次市作木町香淀116(江の川カヌー公園さくぎ内)
川開き&桜杯カヌー大会実行委員会
TEL:0824-55-7050 FAX:0824-55-7051
Mail : info@genkimurasakugi.or.jp

【開催チラシ】

【選手募集要項】


岡崎七星くんに密着した番組が放送されます【1/16放送】

カヌー公園さくぎでもインストラクターとして勤務している、岡崎七星くんに密着した番組「わんぱく大作戦スペシャル わんぱくSPIRITS 夢に向かって」 が放送されます。
岡崎くんはフリースタイルカヤックという、激流の中にあるウェーブやホールと呼ばれる部分に漕ぎ入れて、その中でアクロバティックな技を何度も行いポイントを競うという競技で、世界を舞台に活躍している16歳の選手です。
小さいころからカヌーに親しみ、姉の遥海さんと共に姉弟で活躍しています。2人の紹介と応援ページはこちら

番組放送は、TSS(テレビ新広島)で、1月16日(土)の朝10:30からです。
激流の中で次々と繰り出す驚きの技だけでも必見ですが、夢に向かって行く16歳の少年(青年?)のひたむきな姿も皆さんぜひご覧ください!



西村キャンプ場にカヌー公園が出ます(11/28放送】

広島出身のお笑い芸人、バイきんぐの西村瑞樹さんがキャンプをしてキャンプ飯を作るだけのゆる~い人気番組「西村キャンプ場」で、カヌー公園さくぎが登場します。
番組公式サイトはこちらです。

三次市長から「3日だけキャンプ大使」として委嘱された西村さんが、三次市をあちこち巡る3週連続放送の最終3回目でついに登場です。(しかし次回予告ではまったく出て来なかったんでちょっと心配・・・)

★放送日時:11月28日(土)17:00~17:30★
【TSS(テレビ新広島)での放送日時です】

元々は広島のローカル番組だったのが、人気が出て関西、東海、九州など全国各地でも視聴できるようになっています。視聴可能な地域の方はぜひご覧ください。


双子イチョウも色付きました

カヌー公園さくぎのすぐ近くにある通称「双子イチョウ」も黄色く色付きました。
例年、香淀迦具神社の「香淀の大イチョウ」よりも1週間くらい遅れて11月末が色付きのピークなんですが、今年は少し早い色付きでした。

視界の開けた江の川沿いにあるので、遠くからでもよく目立つ樹です。
カヌーに乗って水の上から眺めるのもまた一興です。
【11/21追記:香淀迦具神社の「香淀の大イチョウ」は既にかなり葉が落ちて枝にはあまり葉が無いようですが、その分黄色の絨毯が一面ふかふかに広がっている状態です】


 

11月9日の香淀の大イチョウの様子

カヌー公園さくぎから約3kmのところにある、香淀迦具神社の境内にある「香淀の大イチョウ」の11月9日時点の様子をお伝えします。

全体的に黄緑色になり、日のよく当たる所は一部黄色くなっています。葉っぱも落ち始めて黄色の絨毯が少しずつ出来始めているようです。
11月15~20日くらいが色付きのピークになるでしょうか。

ちなみに、カヌー公園さくぎのすぐ近くにある通称「双子イチョウ」もまだ黄緑色です。例年こちらは香淀の大イチョウより1週間遅れくらいなんですが、今年はやや早いような気もします。
その他作木町の山々は、常清滝周辺も含め、鮮やかに色付いています。天気のいい日は青空の下に山々が映えて美しいですね。



 

わんぱくカヌー体験、無事に終了しました

2020年のわんぱくカヌー体験が無事に終了しました。
今年は新型コロナウイルスの影響で、日程、内容とも異例づくめの開催でしたが、何とか無事に2日間を終える事が出来て一同ほっとしています。

放送はテレビ新広島(TSS)にて、10月23日(金)の予定です。皆様ぜひご覧ください。





ここ最近のニュースいろいろ

最近のニュースを色々とまとめてお伝えします。

・今年の8月は大忙しでした。晴天が続いたというのもありますが、コロナ禍の中で皆さんあまり遠出をせずに、近場で気軽に涼を楽しめる場所を求めて来られたのでしょうか。今年は混雑が予想される週末とお盆期間には、コロナ対策として水遊びゾーンにスタッフを配置して利用者に名前や住所等のご記入をお願いしました。ご協力ありがとうございました。

・8/22にRCCラジオの「一文字弥太郎の週末ナチュラリスト」という番組に生出演しました。視聴者の皆さんにも水の音が届いたでしょうか。レポーターさんがとても気持ちよさそうに漕いでおられました。

・TSSの5分番組、「みよし、なかよし」という番組の収録がありました。近々放送予定です。稲生物怪録の主人公・平太郎くんが作木町とカヌー公園の魅力を伝えてくれます。

・広島ホームテレビの「みみよりライブ5up」という番組の収録がありました。こちらも近々放送予定です。八木美佐子アナがカヌー公園の魅力を体当たりで伝えてくれるはずです。

・8月はほぼず~っと晴天でした。にわか雨こそありましたが、まとまった雨がまったくありませんでした。それに加えて、2年前の西日本豪雨と今年の梅雨の大雨で川底が浅くなったせいで、江の川の水位が極端に下がってしまいました。
その結果、本来は川底だった部分が顔を出していて、我々はこれを「新大陸」と呼んでいます。通常のカヌー乗り場では乗り降りが難しい状況なので、現在は場所を少し変えてカヌー体験を行なっています。

・非常に強い勢力の台風10号が接近中です。大きな被害が無いように祈るばかりですが、少しばかり江の川の水位は上がってほしいものです。

・水のすべり台を含む水遊びゾーンは、9月いっぱいは水を張って遊べる状態にしておきます。晴れていればまだ十分気持ちよく水遊びが出来ます(9月下旬になるとかなり冷たいかも)。
ただし、大雨の前後は水をせき止める板を外しますので、遊べない場合があります。なお、水遊びゾーンの利用可否は、カヌー公園公式サイトでお伝えしていますので参考にして下さい。

・地元の作木中学校の生徒が、体育の授業で毎年カヌー公園さくぎを利用されます。カヌーの体験と水難救助の体験の2回行いますが、生徒達にとっては他ではなかなか出来ない貴重な体験となった事でしょう。みんな水にザブンと浸かれるので大喜びでした。



・例年、7月下旬の夏休み開始とともに、三次市の小学校を中心に野外活動で多くの学校がカヌー公園に来られますが、今年はコロナの影響でほとんどが中止か、9月以降に延期で日帰りの形になりました。しかし、この時期での開催だと混雑していないので、余裕をもって応対できていいもんですね。陽射しも和らいでちょうどいいかもしれません。
子供達にとっても、短かった夏休みの足しになったようで、しっかり楽しんで帰ったようです。

カヌー体験時のコロナ対策

カヌーのインストラクターはお客様に近くで接したり、声を出して指導をしますが、どうしても水に濡れるのを避けられないので、通常のマスクではなく飛沫防止のための透明マスクを付けて応対しています。
お客様の間隔も通常より距離を空けるように配慮し、パドルなどの手指が触れる場所は消毒を行っています。

なお、ご来園の際はお客様にマスク着用をお願いしていますが、カヌー体験の時間のみ、参加者はマスク無しでもOKで行なっています。(熱中症予防と、呼吸をしやすくするため)
よろしくお願いします。