滝開きと新型コロナ終息祈願

4月20日に常清滝の滝開き神事が関係者のみで行われました。
作木町観光協会の主催で、観光シーズン到来にあたり観光の発展と安全を祈願するために毎年行われている行事ですが、今年は少し様子が違いました。

神官様も含めて参加者全員マスク着用、隣との距離は2m程度空けて、そして新型コロナウイルス感染拡大の早期終息の祈願も行われました。
例年だとこの後に作木町観光協会の総会と懇親会が行われるのですが、総会は書面会議、懇親会は中止になりました。

ちょうどいい機会だったので、少し空いた時間で常清滝の麓まで行ってみました。前日にまとまった雨が降っていたので、水量が多く見応え十分の光景でした。滝へと至る遊歩道周辺では、新芽が出始めている木々の新緑が眩しく、春の訪れを全身で感じる事が出来ました。

この素晴らしい景色を楽しみにぜひ皆さんもお越しください・・・、と言いたいところですが、グッと飲み込んで我慢せざるを得ないジレンマを、観光に携わる関係者全員がお持ちかと思います。
今はグッと我慢の時期。そして晴れて終息した際には、皆様ぜひ作木町にお越しください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です